• ホーム
  • カンジダの治療の方法は?使う薬はどんなもの?

カンジダの治療の方法は?使う薬はどんなもの?

2019年12月08日
心配している女性

カンジダになってしまったかもしれないときには、なるべく早く治療を行うべきだと言えます。この病気になってしまうと性器周辺にかゆみを覚えるので、仕事などに集中することができず日常生活に支障をきたしてしまう人も多いです。効果のある薬や正しい治療方法を知ることで、早く症状が改善できるようにしましょう。

そもそもこの病気はカンジダ菌と呼ばれる真菌によって起こるものであり、真菌はカビの仲間のひとつだと言うことができます。つまり、症状を改善したいのであればカビなどが原因で起こる病気を治療することができる抗真菌薬を用いる必要があるでしょう。なかには抗生物質や抗ウイルス薬で対処することができると勘違いしている人もいますが、病原体の種類によって効果のある薬は異なるので、これらの薬では効果がありません。カビが原因のカンジダは、抗真菌薬を用いて治療するようにしてください。

抗真菌薬にも様々なものがありますが、基本的にはどの製品であっても抗真菌作用があるものを使用することで、原因となっている菌の細胞壁を破壊することができます。病原菌は細胞壁を形成することができなければ、それまで通りに活動することができなくなるので、カンジダの症状を緩和することができるはずです。陰部のかゆみや口内の異変などからカンジダに感染したことが発覚した場合は、抗真菌薬を用いる方法で症状を改善するようにしましょう。

カンジダの治療に効果的な抗真菌薬には様々なタイプがあり、感染した部位によっても使うべき薬のタイプは異なります。感染する人が多いものには女性の膣カンジダがありますが、この場合はクリームタイプの塗り薬や膣に直接挿入する膣錠などが適しているでしょう。直腸に感染している場合は座薬タイプや飲み薬、口内に症状が見られる場合は内服薬やうがい薬、口内用の塗り薬など、感染している場所によって適切な治療薬を使い分けることが大切です。治療薬は病院で処方してもらわなくてもドラッグストアや通販でも手に入れることができますが、感染場所によって適するものが違うということを知っておきましょう。

カビが原因となって発症するこの病気は抗真菌薬以外では、きちんと治療することができません。正しい治療法を知っていなければ誤った薬を選択してしまい、病気を治すことができない可能性があるので、どのような薬が適しているのかしっかりと把握しておくことが大切です。症状を確実に改善するためにも適切な医薬品や治療方法を知り、カンジダを正しく治すことができるようにしましょう。